組立製造業向け高度プランニング・スケジューリング

生産プランニングは高度なオペレーションの効率性と顧客サービスを実現するツールであり、体系的で効率的であると同時に確実な注文実行処理を可能にするものです。

高品質のアウトプットが可能な効率的なプランニングプロセスは、何万もの製造オーダーと材料の処理さえも可能とするために、優れた生産プランニングとスケジューリングツールによってサポートされる必要があります。そのようなツールは、必然的にビジネス環境に配慮し、注文実行プロセス管理を効率的に実施するために、高品質のアウトプットを出さなければなりません。

組立製造業向けのLOGISのソリューションは、機械、エンジニアリング、電機、自動車、また他の同様の産業の環境における生産プランニングとスケジューリングのためのツールです。

能力計画

顧客が要求する納期を遵守する上で、能力制約は企業が必ず直面する重要な制約の一つです。効率性の高いソリューションの主な特長としては、最適アルゴリズムを使用して、絶え間なく変化するボトルネックを識別し、能力計画の算出結果を、オーダー階層を超えて伝播すると共に、全ての受注済オーダーにおいて選択された解の影響を識別することで、能力に関する問題を解決することです。

能力計画のための効率的なツールは、以下の目標達成を支援します:

納期遵守率の改善

スループットの向上

レスポンス時間の短縮

結果として短期間のみならず長期間においても、対象設備に対する能力の観点からの実行可能なジョブのキューが生成されます。そして最適化アルゴリズムと計画者のマニュアル作業との組み合わせによって、最終的な結果が出力されます。能力バランスのとれた計画は、質の高い生産スケジュール作成のための有用な基盤となるため、その計画によって財務効率が良く、確実な注文実行処理が可能になります。

生産スケジューリング

機械産業やエンジニアリングといった特定の生産プロセスや、電機や自動車産業等の環境においては、例えば分割される材料の品質及び強度、若しくはそれぞれのオーダー間での生産設備の設定時間に基づいた様々な制約によって、オーダーの順序が設定される必要があります。

設備に対する最適なオーダー順を設定することにより、以下の利点が得られます。

スループットの向上

生産リードタイムの短縮

納期の短縮

最適化された生産スケジュールは、数秒あるいは長くとも数分で作成されるため、刻々と変化する生産状況や外部からの要因によって生じた変更に、柔軟に対応することができます。最適な工順を迅速に作成することが可能なため、計画者はスケジュールのマニュアル修正やスケジューリング アルゴリズムには含まれていない制約について、思案する余裕が生まれます。

Contact LOGIS